スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【参加館紹介】長崎大学附属図書館

長崎大学附属図書館です!!

基本情報については、昨年の記事をご覧ください。

今年は、長崎大学附属図書館にある、貴重資料について、
紹介します。

長崎大学附属図書館は、中央図書館、医学分館、
経済学部分館の3つの図書館があり、
各館が特色ある貴重資料を持っています。

まず、中央図書館ですが、
国内最大級の古写真(幕末から明治期)コレクションを持っています。

長崎を中心に日本各地で撮影された古写真を所蔵しており、
本やTVに使いたいという依頼がよくあります。

他にも、グラバー図譜という、
長崎近海の魚類図鑑も所蔵しています。

古写真やグラバー図譜は、長崎大学の生協で売っている
クリアファイルにも使われているので、
長崎大学のお土産でいかがでしょうか。

次に、医学分館には
18世紀に長崎で出版された外科書「紅夷外科宗伝」や国内
では数点しかない紙製の解剖模型(キュンストレーキ)
などの近代医学に関する歴史的貴重資料を所蔵しています。

最後に、経済学部分館ですが、
武藤文庫という貴重資料を持っています。
本学経済学部の前身長崎高等商業学校の教授を長年つとめた、
故武藤長蔵博士旧蔵の資料で、
和書・洋書・掛け軸・陶器など、いろいろな資料があります。
なかでも、「長崎出島之図」が有名で、日本史の教科書に掲載したいという依頼
が度々、あります。

「長崎大学電子化コレクション」として、
附属図書館が所蔵する古写真や貴重資料をデジタル化したものをウェブ上で
公開しているので、興味がある方はぜひのぞいてみてください
2012-11-19 : 参加館紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

Twitter

Twitter < > Reload

カテゴリ(ツリー)

九州地区大学図書館貸出ランキング

本で、旅する。‐九州文学地図‐」

第3回最終結果公開(11/20)